2013年02月01日

いよいよ本日

こんにちは塩原俊之です。

さていよいよ本日この後昼の12時よりトリコロールケーキ「ラッコサイズラッコ」のチケットが発売となります!
詳細は以下!多くのご来場お待ちしております!

ToricoRollCake第4回公演
「ラッコサイズラッコ」
下北沢シアター711

脚本 今田健太郎(アルルル)
演出 今田健太郎(アルルル)

料金 1,800円 〜 2,500円
【発売日】2013/02/01
予約 2300円
当日 2500円
プレビュー割 1800円(☆のついている回)
団体割 1名2000円(3名〜)

チケット予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/42514/004/
(塩原扱いの窓口です)

サイト
http://www.toricoro.com/
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

タイムテーブル
3月13日(水)20:00☆
3月14日(木)15:00☆/20:00
3月15日(金)20:00
3月16日(土)15:00★
3月17日(日)13:00/18:00

☆……プレビュー割実施
★……終演後、10分ほどのアフタートーク実施
<16(土)、17(日)のすべての回の終演後、
フライヤーデザインの南による雑貨販売がございます>


説明 〇あらすじ〇
わたしは、幼い頃に親友と2人きりで交わした会話がいまも忘れられない。
「わたしの夢はお店屋さん」「わたしの夢もお店屋さん」「それじゃあわたしも」
3人いる。かくも記憶は曖昧で、そもそも〈お店屋さん〉って言葉自体も曖昧。でもね、そんな曖昧な人数で語られた曖昧な夢を追うことが、わたしの生きがい。ううん、ウチの生きがいやねん。
――ガラガラ。曖昧な方言をつぶやきながらシャッターを開けると、店中に朝の光がきらめいた。
朝ドラのようにさわやかに。朝ドラのようにフレッシュに。そして朝ドラのようにみずみずしく。
以上、ほとんど1つの意味のスローガンを3つ掲げて送る、
働く女をめぐる微ナンセンスストーリー。

〇代表挨拶〇
トリコロールケーキ、4回目の公演です。
1回目には母が、2回目には父が、3回目には弟が、それぞれ実家の宮崎から飛行機に乗って観に来てくれました。残すは実家で飼っている老犬のレオくん(13)、もしくは現在一人暮らし中のおばあちゃん(88)です。どちらも飛行機未経験のため、なかなか難しいかもしれません。もちろんぎりぎりまで奇跡を信じます。しかしもし現実が奇跡に及ばなかった場合、レオくんとおばあちゃんのぶんまでみなさんに楽しんでいただければ幸いです。(鳥原弓里江)

〇キャスト〇
鳥原弓里江(Torico Roll Cake)
南綾希子(Torico Roll Cake)
今田健太郎(アルルル)
大寄正典(劇団☆東京SaVannaT's)
窪寺奈々瀬
塩原俊之(アガリスクエンターテイメント)
ニシハラフミコ
藤野帆奈美
望月幸太郎(ki company)
モリサキミキ(コーヒーカップオーケストラ)
その他の注意事項など

スタッフ
企画/原案/広報 鳥原弓里江
脚本/演出 今田健太郎(アルルル)
舞台監督 長谷川一樹(Torico Roll Cake)
照明 半田達郎
音響 安藤達朗
大道具 廣岡篤(ナンブケイサツ)
衣装 南部久美子(ナンブケイサツ)
宣伝美術 南綾希子
制作 フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)
製作 Torico Roll Cake


posted by しーおー at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラッコサイズラッコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログの記事は塩原個人が書いております。 掲載された記事に何か問題がありましたら、お手数ですがt_shiobara(あっと)agarisk.comまでご連絡ください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。